ホーム > アトラクション一覧 > 白雪姫と七人のこびと

白雪姫と七人のこびと

白雪姫と七人のこびととは

ファンの間でも「パークの中で一番怖いアトラクション」と、言われているほどのアトラクションです。唯一ハッピーエンドで終わらないストーリーなんです。約2分半、終始暗い中を走り、明るい場所に出るのは1ヶ所だけ。といっても、これにはわけがあり、映画「白雪姫」をご覧になった方なら何となくわかっていただけると思いますが、実は白雪姫の視点から作られた内容なんです。白雪姫は命を狙われていたことを知り、森の中を逃げるのですが、本人はとても怖い思いをしています。白雪姫の視点なので、当初は本人の登場がありませんでした。しかし、疑問の声が多かったので、1ヶ所だけにその姿が追加されました。アメリカにある同じアトラクションの名前には、「恐ろしい冒険」とあります。
オープン当時からあるアトラクションで、雰囲気を楽しみたい方向けだと思います。よく出口で泣いているお子様を見かけますが、決してお化け屋敷のように急に飛び出してくるような要素はありませんので、ご安心を。お子様とはよくご相談くださいね。
場所はファンタジーランド、ウエスタンランド側です。空飛ぶダンボやキャッスルカルーセルが近くにあります。

各種情報

エリア ファンタジーランド
平均待ち時間 24分
所要時間 約2分30秒
乗車人数 1台4名

シンデレラのフェアリーテイル・ホール→ グーフィーのペイント&プレイハウス←