ホーム > アトラクション一覧 > カリブの海賊

カリブの海賊

カリブの海賊とは

ウォルトディズニーが最後に携わったと言われている、海外のパーク版を元にしたアトラクションです。2007年に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャラクターなどを取り入れリニューアルされました。冒頭で真っ暗闇の中で落下する部分があり、よっぽど苦手でなければお子様でも平気でしょう。
回転が速いので待ち時間もそれほど長くはなりません。混雑時には普段使われていないエリアに入れるので、観察してみても楽しいかもしれないです。また、乗り場に近づくとボートが水路を進んでいるのですが、船体にそれぞれ女性の名前が書かれています。海賊たちが恋人や妻の名前を書いていたことに由来しています。屋内施設としては最大規模ですので、内容は約15分と長めです。ただ乗っているだけの方が多いと思いますが、実はボートが進んでいくうちに時間を遡っているんです。ちなみに、カリブの海賊のキャストさんは、海賊たちの子孫という設定なので、色々と詳しいそうです。そういった細かいところに注目するとより一層楽しめます。
場所はアドベンチャーランドです。ワールドバザールの十字路を左にそのまま進んでいくのが分かりやすいと思います。

各種情報

エリア アドベンチャーランド
平均待ち時間 15分
所要時間 約15分
乗車人数 ボート1台20名

カントリーベア・シアター→ オムニバス←